筋トレのススメ(懸垂=チン二ング)

こんにちは、くんたです!!

 

 

 

 

いきなりですが皆さん、体作りしてますか?

くんたはアラサーですが、周りの友達を見ると、みんなポッコリおなかになっています。

筋肉隆々だった人ほどおデブちゃんになってしまっています。

 

 

でも、なんでそんなことになるのか。

 

 

理由は簡単です

 

 

 

 

 

 

運動してないからです!!!

 

 

 

 

 

 

そんななか、くんたはひたすら懸垂(チン二ング)を続けています。

そのおかげで周りに比べたらお腹は出ていませんし、逆三角形ボディーを維持できています。

くんた的には懸垂は筋トレの中で最も効果的な筋トレだと思います

体で2番目に大きな筋肉である広背筋を鍛えることができるし、広背筋だけではなく腹直筋、大胸筋、上腕二頭筋、大円筋、僧帽筋三角筋など、上半身の筋肉がほとんど鍛えられます。

そしてなんといってもキレイな体になります。

 

筋トレをすると何がいいのかもう少し話します。

 

1基礎体力および基礎代謝がつく

基礎体力とは基礎的な体力のこと、肺活量などの身体の運動能力のことを言います。また、基礎代謝はみなさんご存じのとおり安静時の代謝のことです。筋肉量が増えればこれも増えて、じっとしていても自然とカロリーが消費されていきます。

 

2成長ホルモンが出る

成長ホルモンとは体を回復させようとするため体から出るホルモンです。成長ホルモンが出ると、骨や筋肉の成長を助けます。すると体の中の栄養を筋肉や骨に利用する働きをするため、カロリー消費につながります。また、成長ホルモンには体のリズムを整えてくれる働きがあるので、夜寝つきがよくなったり、朝すっきり起きられたりするというメリットもあります。

 

3糖尿病になりにくい!!

これはなかなか知られていないんですが、筋肉には血糖の保管庫の役割があります。そのため筋肉量を増やすことで急激な血糖値の上昇を防ぐことができ、糖尿病になりにくいメリットがあります。糖尿病の指導なんかで運動が取り入られるのはこのためだそうです。

 

4カッコいい体になる

これは始めに言ったことなのですが、懸垂をするととにかくキレイな体になります。手っ取り早くカッコいい体を手に入れるなら懸垂です。とにかく広背筋がつくと逆三角形の身体になり、さらに僧帽筋三角筋が肥大することで肩幅が広くなります。

 

さて、ここまで懸垂のメリットについて語ってきましたが、正しい懸垂の方法をご存じでしょうか。写真で説明します。

 

バーは肩幅より少し広く持ちます。

f:id:JO-KUNTA:20181012205859j:plain

 

そして胸をバーに近付ける意識で体を持ちあげていきます。

f:id:JO-KUNTA:20181012205753j:plain

 

もどります。

 

f:id:JO-KUNTA:20181012205859j:plain

これを繰り替えすだけです。

 

 手袋をつけたほうが効率的に懸垂できます。

理由は握力がなくても懸垂ができるから。

懸垂の回数がアップしてくると鉄棒につかまっている時間が長くなります。

すると握力が限界を超えて鉄棒につかまれなくなるんです。

懸垂で鍛えたいのは握力ではないんです。その他の上半身の筋肉なのです。

握力を鍛えたければ風呂のお湯に手を付けてグーパーしてれば勝手につきます。

 

更に、手袋をつけるとマメができるのを予防したり、手のひらが硬くなりにくいです。

今やゴツゴツの男らしい手のひらは流行らないですよ。

 

最初は3~4回しかできませんでしたが、今は20回を5セットくらいはできるようになりました。

週に2回くらいのペースでやってますが、1回もしない週もあります。

また、くんたはこの懸垂以外は筋トレをしていませんwww

 

ちなみにこんな感じになりますwww

f:id:JO-KUNTA:20181012205844j:plain

f:id:JO-KUNTA:20181012205852j:plain


 

皆さんも懸垂やってみてはいかがでしょうか。

鉄棒があればどこでもできますよ~

 

 

くんたでした。