日常の無駄な時間を減らす

 

 

 

f:id:JO-KUNTA:20181101153630j:plain

 

 

音声で聞く方はこちらから

www.dropbox.com

 

こんにちは、くんたです。

 

いや~昨日も飲みすぎましたwww

先輩の家のソファーを処分したいけど運び出しきれないからチカラを貸してくれって言われて行ってきました。

お礼に沢山飲ませてもらいましたけどwww

たぶん、僕と飲むのが目的だったんじゃないかと思います。

 

本当に、毎日飲みすぎていつの間にか寝ているという生活をしていますが、ほとんどの人が毎日飲むのは無駄な時間だと思うでしょう。

 

ですが、くんたにとっては違います。僕にとって飲むことは必要な時間なのです。

仕事や育児、はては嫁へのストレスもすべて酒で流れているといっても過言ではありません。

人によって無駄な時間っていうのは違うと思います。

 

 

くんたが大好きなバイクに乗る時間だって、人によっては無駄な時間と考えるかもしれませんが、僕にとっては貴重な時間なんですよね。

 

 

でも、生活しているうえで確実に「これは無駄だろう」っていう時間があります。

そういった日常において無駄な時間ををなくすために、くんたがいくつか行っている行動があるので、みなさんもよかったらぜひ試してみてください。

 

 

【目次】

 

 

 

 

《探し物をしない》

 

探し物をしている時間というのは本当に無駄でしかありません。

だって、「探す」という行為のどこに生産性がありますか?

もしかしたら探し物をしている時に無くしたと思っていたものが出てきたり、昔の写真が出てきたりしてちょっとホッコリしたりするかもしれませんが、基本的には無駄な時間だと考えています。

 

1年間で人が探し物に費やす時間は150時間

※引用:『事務ミスがない人の図解整理術(書類・メモ・データ)』(オダギリ典子さん、三笠書房

 

150時間というと1日平均20~30分は無駄にしているということです。日数にすると約1週間くらいを探し物に費やしています。

1週間とか・・・海外旅行行けますやん( ゚Д゚)

さて、この探し物をする時間を減らすためにくんたがやっていること

 

その① クルマ・家の鍵の場所を決めておく

これは毎日使うものなのでくんたは家の玄関にフックをつけてそこにかけるようにしています。必ず帰ってきたらポケットから出して玄関に掛けます。

 

その② テレビなどのリモコンの置く場所を決める

これも効率的だと思います。テレビだけれはなく、エアコンや電気のリモコンも含みます。ウチでは主に壁掛けにしています。

 

その③ 大切な書類はまとめて「大切な書類入れ」を作って入れておく

大切な書類、例えばマイナンバー通知や年金の書類、税金関係、保証書など、くんたの家ではそれぞれファイルに分けて保管しています。いざというとき本当に助かりますよ!!

 

この3つを徹底することで、くんたはかなり時間の節約ができていると思います。

実際にやってみるとこの効果はわかりますので、今度の休みにでも鍵掛け用のフックを買ったり、書類を入れるファイルを買って整理してみて下さい。

今後の人生の無駄が確実に減ります。

 

 

《外出時の持ち物は決めておく》

 

これはどういうことかというと、旅行や遊びに行くときの荷物をメモに残しておくというものです。

例えば旅行に行くときに忘れがちなのは携帯電話の充電器や、常備薬、保険証などの医療関係の書類、あとは旅行に必要な切符や航空券などではないでしょうか。

買い直せばいい忘れ物もあれば、取に帰らなくてはいけないものもあります。

これもお金と時間の無駄を省くためにとっても重要だと思います。

くんたは趣味でバイクツーリング、サーフィン、スノーボード、バーベキュー、国内旅行などがありますが、そのすべてにおいて必要なものをリストアップしています。

具体的にはこんな感じです。

 

f:id:JO-KUNTA:20181101232332p:image

 

f:id:JO-KUNTA:20181101232325p:image

 

めちゃくちゃ簡単なことですが、これがあるととても助かります。

忘れ物がなくなり、準備に時間がかからなくなります。

人によって必需品なんかは変わると思いますので、自分流の必要な道具を決めておくといいでしょう。どこかに行くたびに書き出していくとより完璧なものになります。

くんたの場合は風呂上りの耳かきが至福のひと時なので、旅行には必ず綿棒をもっていきますwww

 

 

 

 

《睡眠時間は融通をきかせる》

 

これは賛否あると思いますが、くんたとしては、寝たい時に寝て、起きる時間を一定にすればいいと思うのです。

どういうことかというと、夜遅くなったからと言って無理矢理寝る必要はないということです。

よく同僚や友人から「昨日は眠れなかったから辛かった~」なんていう話を聞きますが、なんで眠たくもないのに布団に入る必要があるのかと思います。本当に時間を無駄にしていると思います。

よっぽど大切な用事がない限り、くんたは意識して早く寝るなんてしません。

眠くなった時が寝るときだと思っています。

 

眠くないということは体が休息を求めていないということです。

 

布団に入って速攻で眠れる人を羨ましいと思ったことはありませんか?

極論、自分もそうなればいいのです。

本当に眠くなった時に寝れば、すぐ眠れるでしょう。

 

確かに、より多くの時間、寝たほうが次の日は楽かもしれません。でもそれは良質な睡眠がとれた時に限ると思うのです。

良質な睡眠というのは、スッとノンレム睡眠に入り、そこからレム睡眠を繰り返し、ちょうどよいタイミングで起きるというものです。

この、「スッとノンレム睡眠に入る」というのは非常に大切で、ここで躓くと睡眠の質がガタ落ちします。

なので、眠たい時に寝る。もし、朝まで眠れなかったら、オールで仕事に行けばいいのです。

その日の仕事終わりはぐっすりと眠ることができるでしょうwww

 

なので、全力で仕事して、夕方から眠くなるまでは全力で好きな事をやればいいと思うのです。

 

 

「昨日はあまり眠れなかったから今日は眠い」というのは気のせいです!!!←と、思い込みましょう。

意識して

「昨日はいっぱい自由な時間があったなぁ~楽しかったなぁ~」

と思うようにして、持ち越した「疲労」は楽しかった時間の「余韻」だと思いましょう!!!

 

 

ちょっと長くなりましたが、睡眠に対しての持論です。

 

くんたが日常で無駄な時間を削ぐために行っていることを書いてみました。

 

皆さんの日常の無駄な時間が少なくなり、少しでも自分の好きな事をする時間を増やすことができれば僕はウレシイです\(^o^)/

無駄を省いて楽しいことをする時間を増やしましょう!!

 

f:id:JO-KUNTA:20181101153627j:plain

 

くんたでした。