火災保険の見直しをやってみた!!~三井住友海上火災保険と住まいる共済の火災保険、どちらが安いのか問題~

 

 

こんにちは、くんたです。

今日、火災保険の保険証券が届きました。

 

f:id:JO-KUNTA:20181219150900j:plain

f:id:JO-KUNTA:20181219150911j:plain

 

そこで両学長の動画を思い出し、せっかくの休みだったので火災保険を比べてみることにしました

よかったら参考までに↓

youtu.be

 

ということで、早速管理会社に火災保険の詳細を聴くために電話してみたぞ!!

 

【目次】

 

 

 

《火災保険の変更はできません←管理会社》

 

管理会社に連絡し、火災保険の補償内容の詳細を一通り聞き終わり

 

「火災保険の比較をしますので、変更する際はまた連絡します」

 

と伝えたところ

 

『火災保険の変更はできません』

 

とのこと。

ほうほう、両学長の言っていた通り、テンプレのような返事が返ってきましたね。

 

 

僕「本当にできないんですか?」

 

管理会社「セットになっているのでできません」

 

僕「僕、火災保険についてけっこう調べましたよ?(両学長動画見ただけww)」

 

管理会社「そうですか、ですが、難しいと思います。」

↑ここで返事が変わってきた

 

僕「結構詳しい人(両学長)に聞いたんですけどね、おかしいなぁ。僕の勘違いかもしれませんね。もう一度調べてみますね」

 

管理会社「いや、できないことはないと思うんですけど、手続きが大変かと」

↑もう変更できるって言っちゃってるww

 

僕「そうなんですね、ご丁寧にありがとうございました。またご連絡します。」

 

とりあえずこんな感じのやり取りをしました。

 

さて、保険の比較をするか。

 

 

 

《現在加入中の保険》

 

保険名:井住友海上火災保険株式会社 リビングFIT

 

年間料金:10,500円

 

 

 

『保険内容(保険証券に記載分)』

  • 借家賠償保険金額(家主への損害支払い限度額):1500万円
  • 家財道具:380万円まで
  • 盗難 通貨:30万円、預貯金証書は300万円まで
  • 破損・汚染:損害の額から1万円を差し引いた金額まで
  • その他:地震による火災、失火見舞金、水道管修理、ドアロック交換、不測の事態による住宅修理費用が保険適用となる

 

保険契約期間:2018年12月7日16時~1年間

 

解約時は月割計算

 

 

 

《新規加入予定保険》

 

全労災 住まいる共済(両学長オススメww)

 

年間料金→4,200円

後から電話があり、木造と鉄骨を勘違いしており、年間料金は8850円でしたとのこと

 

『保険内容(口頭にて説明分)』

  • 借家賠償保険金額(家主への損害支払い限度額)1500万円
  • 家財道具 1500万円

 のみ。

 

 

 

《結果》

 

 

差額は・・・1650円

 

 

うーん、あんまり変わらないな(;・∀・)

 

 

妻と話した結果、保険内容も三井住友海上のほうがいいし、「このまでいいか」という結論になりましたww

 

 

結果、3時間費やして僕の家の火災保険はまぁまぁ妥当であるとわかりましたww

f:id:JO-KUNTA:20181219150611p:plain

f:id:JO-KUNTA:20181219150606p:plain

↑管理会社や保証会社、保険会社など、いろんなところに電話しまくったww

 

 

 

ウチはメゾネットタイプの借家だったので、木造アパートの扱いになり、あんまり安くなりませんでした。

 

比較後、安くなかったこと、妥当であったこと、解約しないという旨を管理会社に伝えました。

 

妥当な保険ちゃんとに入れてくれてたんですね、スイマセンでした(+_+)

 

でも、安いから変えるのもいいけど、保険会社と管理会社の連携でうまくいかなくて対応が遅れるというデメリットがおきる可能性は否定できないかもしれません。

f:id:JO-KUNTA:20181219153547p:plain

f:id:JO-KUNTA:20181219153551p:plain

 

木造か鉄骨で火災保険の金額は大きく変わってきます。

鉄筋コンクリートの住宅に住んでいる人はかなりお得になると思われますので比ベてみる価値はあると思いますよ。

 

僕は3時間かけて自分の入っている火災保険が妥当だということがわかりましたww

 

まあ、妥当ってわかっただけいいかなww

 

最後まで読んでいただきありがとうございました

 

くんたでした。